にっき

言葉におきかえる

「あひるの空」でチャッキーさんが辞めちゃうのってリアルだよねって話

あひるの空」がついにアニメ化するらしい。

 

あひるの空」だったら、やっぱり主人公の空君が好きだ。

あと、常盤さんも好きだし、不破君も捨てがたい。
自宅の洗面所でリーゼントから短髪にした、漢気あふれる百春君も好き。(あんなに綺麗に切れないだろってツッコミたいけど)
まどかさんは、ロングヘアの方が好き。ショートカットも可愛いけど。

私はきっとどの漫画でも主要キャラクターが好きだし、イケメンやかわいい子が好きなんだと思う。


でも、「あひるの空」で1番好きなシーンはって聞かれたら、チャッキーさんが辞めちゃうところって答える。
あそこが1番好き。だってたぶんこれが1番現実的だから。世の中の大半の人ってたぶんチャッキーさん側だから。

ずっと周りとの差を感じてて、自分と同じレベルだと思っていた人が活躍していることが悔しくて、居場所を見出し始めていることが悔しくて、仲間の成長を素直に喜べなくて。
自分も!と意気込んで頑張っても、自分が思い描いたようにはいかなくて。
周囲はそんな自分をちゃんと認めてくれているけれど、自分自身がそんな自分を認められなくて。

そんな自分から逃げて、後ろめたくて、廊下で仲間とすれ違わないように、避けて、またそんな自分が嫌になって、苦しくて。

一番キャラクターの心情がリアルなんだよね。本当に好きなシーン。切ないけど大好きなシーン。

 

あひるの空(28) (講談社コミックス)

あひるの空(28) (講談社コミックス)

 

 

チャッキーさんがまたどこかで、どんなかたちでもいいから、もう一度かつての仲間たちと同じ想いをかわせますように。