にっき

言葉におきかえる

全ての頑張る女の子の夢が叶ってほしい

縁があって、TOKYO IDOL FESTIVAL 2018 (TIF)に行ってきた。
今年で9回目となるTOKYO IDOL FESTIVAL(通称TIF) は、TOKYO IDOL PROJECT(TIP)が行う世界最大のアイドルフェスティバル。
今年は約300組が参加しているらしい。


私が見れたステージはコチラ。

原宿駅前パーティーズNEXT
恥じらいレスキューJPN
パピロジェ
HIGH SPIRITS
神宿
東京女子流 with 大原優乃
まねきケチャ
PASSPO☆
HKT48


楽しかった。本当に楽しい時間だった。
可愛くて、キラキラしてて、暑いのに歌って踊って、その一生懸命さに感動した。

そして、ただただ

「全ての女の子の夢が叶ってほしい」と達観してしまった。


女性がアイドルでいられる時間は短い。
男性アイドルに比べて、女性アイドルがアイドルでいられる期間は圧倒的に短い。

その一瞬の限られた時間の中で最高に輝き続ける女性アイドルは花だ。
花のように可憐で儚い。
そこに存在して、笑って、声を出すだけで、たくさんの人を笑顔にしている、たくさんの人の生きる源になっている。すごい職業だと思う。


私は「女の子のアイドルが好きだ」と周囲に公言してきた。
坂道グループが好きでライブに行ったり、ライブDVDを観たり、雑誌をチェックしたり、ブログをチェックしたり、写真をキャプチャしたり、たぶんちょっとはアイドルに詳しい部類だと思っていた。

 

でも、全然知らなかった。アイドルがこんなにいるなんて知らなかった。

 

あの場にいた女の子達がどこを目指して、どれだけ今を本気で頑張っているのかは分からない。でももし、あの時代の、あのネ申7の絶対的センターあっちゃんだったり、今なりたい顔No.1講談社史上最も売れた写真集の乃木坂まいやんだったり、他にも会場を満員にして、テレビに出て、トークをして、ファッション誌の表紙を飾るような、"露出が多い圧倒的人気のあるアイドル”を夢見ているのだとしたら、ほどんどの女の子の夢は叶わない。その夢は叶わないんだ。

 

悲しいかなこれが現実。

 

全ての頑張る女の子の夢がかなってほしい。少しだけこれから先の未来にやりたいことが見えた1日でした。